Yokokura Clinic HOME 生活習慣美容研究会事務局特報関連の病院・大学・企業掲載メディアFAQ
健康外来サロン 健康外来サロンとは?チェックテスト個人向けサービス法人向けサービス体験コース予約

生活習慣美容研究会事務局










HOME> 生活習慣美容研究会事務局
生活習慣美容研究会事務局



会長 岡部 美代治

昭和24年生まれ、山口県出身
昭和47年  山口大学文理学部理学科生物学専攻卒業
        (細胞生物学、卒論テーマはマウスの乳ガン要因)
同年     (株)小林コーセー入社、研究所配属(有効性研究、安全性研究、
        処方研究など)
昭和59年  (株)アルビオン本社(商品開発、マーケティング、美容科学研究
        など)
平成20年  (株)アルビオン退社
現在、美容コンサルタント(美容科学研究、美容に関する様々な相談など)
副会長 横倉 恒雄
事務局 医療法人社団健人会
横倉クリニック健康外来サロン内
〒108-0014 東京都港区芝5-13-13 サダカタビル3F

生活習慣美容を提案する背景

 人はいつまでも健康で美しく生きることを求めています。そのためさまざまな情報や商品、サービスがありますが、実は最も重要な要素として日々の生活である生活習慣があることに着目しました。
 そのことを研究して情報発信、商品開発、美容・医療を含むサービスに成果を活かし、多くの人々に健康で美しく生きることへのサポートが出来たらとの思いで生活習慣美容の研究を始めることにしました。



生活習慣美容研究会の成り立ち

 2006年8月6日に第1回生活習慣美容シンポジウムを開きました。
 その時に毎月1回の定期的な勉強会を提案したところ、多くの賛同を得られ、2006年9月、2007年10月勉強会で熱心な意見交換がなされました。
 
「よ」の話
小さな「ょ」から大きな「よ」へ。
「せいかつしゅうかんびょう」と耳で聞くと、多くの人は「生活習慣病」と聞き取ります。それは生活習慣病が健康情報の中で普及していると同時に、健康に対する不安を感じ取っているからでしょう。
しかし、健康に対して不安を持ち、臆病になっていては快適な人生を楽しむことはできません。
もし、日々の生活の中で、積極的に快適な人生を謳歌することができれば、自然に表示も活き活きと、心身ともに健やかに、魅力的になるのではないでしょうか。
「生活習慣病:せいかつしゅうかんびょう」よりも「生活習慣美容:せいかつしゅうかんびよう」を強く意識する心構えが大事です。


生活習慣美容の定義

「生活習慣の中で自ら快適なことを実践することで自然に美しく魅力的に向上する」
 
(自分にとって快適なことを日々の生活の中で見出して習慣としてやり続ける)
 
(自分にとって快適なことが自然に周囲の環境にとっても快適に調和する)


生活習慣美容の4つのキーワード

1.快適の法則
 
2.時空の流れ
 
3.感と勘
 
4.人間関係
 
4つのキーワードが持つ法則
それぞれのキーワードが持つ力は乗算(かけ算)の数理法則と同じで、どれか0であれば、全ての合算も0となります。





第4回 生活習慣美容シンポジウム

シンポジウム開催の主旨
   
 今年で4年目を迎えた生活習慣美容シンポジウムですが、今回は全て女性のパネリストによる講演です。4名のエキスパートが、皆様にハッピースイッチの入れ方を提案します。女性の視点で日々の生活を見直し、工夫することによって、より快適な生活を送ることをテーマとしての講演です。4名の講演の後、質疑応答の時間を設けておりますので、生活習慣美容に関心のある方はぜひ、積極的にご参加下さい。

主催 生活習慣美容研究会
テーマ 私は快になりたい -ハッピースイッチの入れ方-
開催日 2009年10月18日(日曜日) 13時00分 〜 16時30分
会場案内 女性と仕事の未来館 ホール
東京都港区芝5-35-3 TEL:03-5444-4151 FAX:03-5444-4152
交通案内 JR田町駅三田口(西口)から徒歩3分
地下鉄(都営浅草線、都営三田線)三田駅A1出口から徒歩1分
参加費 3,000円
参加申込方法 郵便払込による方法 2009年10月7日(水)まで。

口座番号:00110-3-789467
加入者名:岡部 美代治
※ なお、開催日当日での受付、現金払込も申し受けます。


講演題目とパネリスト紹介
   
1. 食欲はプロポーションの味方です! -アンチダイエット生活術-
パネリスト:夏目 祭子 (作家・カウンセラー、「アンチダイエット・ライフカウンセリング」主宰。福島学院大学特別講師)
2. 脳は色の心地よさを知っている
パネリスト:大坂 和子 (カラーライフスタイリスト)
3. メイクが叶えるプラスの連鎖
パネリスト:永野 さち子 (ヘアー&メイクアップアーティスト、メイクセミナー講師,(株)サナ・クリエイティブ代表)
4. リラックスは最高のサプリメント -エステにおけるストレス軽減の効果-
パネリスト:谷口 文 (ビューティフルエイジングプランナー、日本女子大学大学院修了)
5. パネリストと参加者の質疑応答



第3回 生活習慣美容シンポジウム

シンポジウム開催の主旨
   
 いつまでも健康でありたい。そう願うのは私達の願いではないでしょうか。そして、できることならいつまでも自分らしく美しくありたいというように、日々健康で過ごしていればこそ感じる思いではないでしょうか。現代は様々な情報で溢れています。健康や美容をうたった商品やサービスは多岐に渡り、それらの殆どがより手頃になってきました。でも一方で、山積みの情報や商品の中から本当に自分に合ったものを選ぶのが困難になり、情報過多で困惑してしまう人が後を絶たないのも事実です。

 そんな中、さまざまな情報に惑わされず、自分らしく生きていくにはどうしたらいいのか。そんな思いが発端となり、日々の生活である生活習慣こそが健康で美しく生きる為の最も大切な要素ではないか、との考えにたどり着きました。2005年の生活習慣美容研究会設立後、多くの人々に健康で美しく生きることへのサポートが出来たら、との思いで今日まで研究を続けてきております。

 第1回目のシンポジウムを2006年8月に開いて以来3度目のシンポジウムとなる今回のテーマは『体の内から、外から、魅力発散』としました。美しく装う技術でもあるメイクアップから、健康の基盤となる食生活まで幅広い内容を扱います。今シンポジウムご参加の皆様が明日からの仕事に役立てていただけるような、更にはご自分の生活の中でも具体的に活かしていただき、日々の生活が楽しくなるような、そんな内容を目指します。是非多くの皆様のご参加をお待ち致しております。

主催 生活習慣美容研究会
テーマ 体の内から外から魅力発散
日時 2008年 10月 26日(日曜日) 13時00分 〜 16時30分
場所 光の家会館 7F コンベンションホール (東京都新宿区市谷船河原町11番地)
参加対象 美容と健康に関心のある方。一般の方から美容や医療に従事している全ての方々
定員 120名
シンポジウム参加費 1人 5000円
参加方法 こちらより氏名、住所、年齢などを入力し、「ご意見・ご質問をご記入ください」欄に”生活習慣美容シンポジウム参加希望”と記入し確認ボタンをクリックし、送信してください。

その他、葉書、Faxでも参加受付をいたします。
なお、定員に達しました場合はキャンセル待ちとなりますのでご了承お願い致します。
(空席が出来次第ご連絡いたします。) 参加費は当日受付時にお支払い願います。


プログラム
   
(1) 脳疲労に克つ(生活習慣美容を実践する為に)
講師 横倉恒雄 (健康外来サロン・横倉クリニック院長、生活習慣美容研究会 副会長)
(2) 生活習慣美容と箸道
講師 石上七鞘 (東京女学館大学教授、民俗学者、文学博士、日本箸道協会理事長)
(3) 生活習慣美容はメイクそのものだ!
講師 名取瞳 (有)プリズム・プリズム ヘアメイクアップアーティスト、生活習慣美容研究会員)
(4) 生活習慣美容研究会の組織内容説明
岡部美代治 (生活習慣美容研究会 会長)



生活習慣美容研究会

http://www.asahiculture-shinjuku.com/
ビューティーサイエンティスト・美容研究家
岡部 美代治
5/24、5/31
土曜日 15:30〜17:00
2回
会員 5,880円
一般 7,140円



生活習慣美容研究会

日付
テーマ
毎月第2水曜日 生活習慣美容研究会実施中(MIXIコミュニティによる会員71名)


生活習慣美容の提案 creabeaux(クレアボー) No.53〜56号 4回掲載



第2回 生活習慣美容シンポジウム

シンポジウム開催にあたって
   
 人はいつまでも健康で美しく生きることを求めています。その為の様々な情報や商品、サービスがあるのですが、実は最も重要な要素として日々の生活である生活習慣があることに着目しました。そのことを研究して情報発信、商品開発、美容・医療を含むサービスに成果を活かし、多くの人々に健康で美しく生きることへのサポートが出来たらとの思いで生活習慣美容の研究を始めることにしました。今回は一年間続けてきました勉強会の内容を紹介すると共に、五感で感じることのできる生活習慣美容の実践的な内容を紹介します。

美容と健康に関心のある方。使用者から企画、販売、エステ、美容医療、美容ジャーナリストなどの幅広いジャンルからのご参加を期待します。
(生活習慣美容研究会 発起人:横倉恒雄、岡部美代治、近藤紫朗)

主催 生活習慣美容研究会
テーマ 五感にひびくシンポジウム
日時 2007年 10月 21日(日曜日) 13時00分 〜 16時30分
場所 田町ビジネスセンター カンファレンスルーム5F
東京都港区芝5丁目29番12号三田中央ビル11F(JR田町駅、都営線三田駅徒歩2分)
定員 100名
シンポジウム参加費 1人 5000円
参加方法 こちらより氏名、住所、年齢などを入力し、「ご意見・ご質問をご記入ください」欄に”生活習慣美容シンポジウム参加希望”と記入し確認ボタンをクリックし、送信してください。


プログラム
   
(1) 生活習慣美容研究、この一年間の歩み
講師  横倉恒雄 (健康外来サロン 横倉クリニック 院長)
(2) 化粧品専門店における生活習慣美容の取り組み
講師  上村晃一郎(化粧品専門店「ビューティーパートナーひまわり 取締役」)
(3) 生活習慣美容を五感で感じる実技体験
講師  未定ですが、その場で出来る頭皮マッサージ、ミニコンサートなど企画しています。
(4) 生活習慣美容のテキストについて
シンポジウム幹事  横倉恒雄、岡部美代治、近藤紫郎



生活習慣美容セミナーin静岡

2007年2月のスケジュール
日付 2007年2月20日(火)



第1回 生活習慣美容シンポジウム

2006年8月のスケジュール
   
 シンポジウム開催にあたって
   
 人はいつまでも健康で美しく生きることを求めています。
その為の様々な情報や商品、サービスがあるのですが、実は最も重要な要素として日々の生活である生活習慣があることに着目しました。
そのことを研究して情報発信、商品開発、美容・医療を含むサービスに成果を活かし、多くの人々に健康で美しく生きることへのサポートが出来たらとの思いで生活習慣美容の研究を始めることにしました。
今回は医療、美容業界、接客販売のそれぞれの立場から現状について報告し合い、ディスカッションをしてみたいと思います。
(生活習慣美容研究会 発起人:横倉恒雄、岡部美代治、近藤紫朗)

主催 生活習慣美容研究会
日時 2006年 8月 6日(日曜日) 13時00分 〜 16時30分
場所 主婦会館プラザエフ (予定)
東京都千代田区六番町15番地 8階 会議室 「スイセン」
参加対象 美容と健康に関心のある方。使用者から企画、販売、エステ、美容医療、美容ジャーナリストなどの幅広いジャンルからのご参加を期待します。
定員 100名
シンポジウム参加費 1人 5000円


 プログラム
   
(1) 医療現場から見た生活習慣と美容の相互関係
講師  横倉恒雄 (横倉クリニック 院長)
(2) 美容業界から見た生活習慣と美容の相互関係
講師  岡部美代治(美容情報サイト「ビューティサイエンスの庭主催)
(3) 接客の現場から見た生活習慣と美容の相互関係
講師  近藤紫朗 (化粧品専門店「さとしや」社長)
(4) パネルディスカッション 「生活習慣美容の現状と今後の展開」
パネリスト  横倉恒雄、岡部美代治、近藤紫朗



医療法人社団健人会 健康外来サロン
電話番号:03-3456-2716
 



研修生募集サイトマッププライバシーポリシー
Copyright